株式会社シマブン

TOP » 塗布式断熱材製品案内 » 結露防止システム ノン結露

結露防止システム ノン結露

  • 「ノン結露」の特徴

「ノン結露」は特殊水性アクリル樹脂と吸水性、水分発散性の良いセラミック系骨材とのハイブリッドにより、屈曲性に優れた塗膜を形成し、速い吸水性、水分発散性を活かして優れた結露防止を発揮する結露防止塗料です。「ノン結露」仕上げ材(15kg)、下塗り材(7kg)2層にて構成されています。

 

なぜ「ノン結露」結露防止になるのか

 

屋内の暖房器具等で暖められた空気
は水分と共に冷たい方へ移動します。
(熱は暖⇒冷へと移動します)
熱が壁・窓ガラス等から屋外へ移動する際、
水分が取り残され結露が発生します。
これをそのままにしておくと、カビなどの
発生の原因となってしまいます。
セラミック断熱層(下塗り材)が屋外に出る熱を最小限にし、発熱・発散層(仕上げ材)が吸収・発散を繰り返す事により結露の発生を防ぎます。
(※発熱・発散層は水分を含む為、若干湿った感じになる場合もあります)

 

「ノン結露」の効果


■仕上げ材15kg  ■下塗り材7kg

主な使用用途

  • 押し入れ壁面・風呂場周辺・洗面所周辺・その他建物壁面
  • 冷風吹出口・冷蔵倉庫・冷凍倉庫・冷蔵車・冷凍車・コンテナ
  • 配管・サッシ・窓・タンク・エアコン・分電盤・操作盤
  • その他、結露発生箇所
●結露発生部の環境と対策
鋼板上部は積雪環境にあり、夏季、裏面から大量の結露が発生します。当案件の結露防止対策として、結露発生のない3月にノン結露、発砲ウレタンをそれぞれ施工しました。
●施工条件
・ノン結露標準仕上げ(吹付け仕上げ):仕上げ材750g/㎡  下塗り材350g/㎡
・発砲ウレタン(35mm)
●結果
・ノン結露施工箇所→結露防止に成功・・・・・写真1
・発砲ウレタン施工箇所→大量に結露が発生・・・・・写真2・3
※H18年3月(施工4年後)ノン結露施工箇所に一切の結露発生無し

「ノン結露」試験報告書

時間 無塗布 PPカップ 一般的結露防止塗料 
PPカップ
ノン結露 PPカップ
5分 表面に水滴が発生 変化なし 変化なし
20分 周辺に水溜りが発生 変化なし 変化なし
30分 水溜り拡大 表面に水滴が発生 変化なし
40分 水溜り拡大 表面に水滴が拡大 変化なし
50分 水溜り拡大 周辺に水溜り発生 変化なし
60分 水溜り拡大 周辺に水溜り拡大 変化なし
24時間 大量の水溜り 大量の水溜り 変化なし
48時間 大量の水溜り(池) 大量の水溜り(池) 変化なし

※写真・イラストは株式会社日進産業カタログより抜粋

Copyright(c) 2017 SHIMABUN Co., Ltd.All Rights Reserved.
久留米|ホームページ制作|トラストシステムズ